名前を付ける前に 国際空港、ロワシーは 他のような小さなフランスの村 そして長い間ロックされました。 したがって、その歴史的な部分は今日まで保存されています。 散歩に行ってみませんか?

私は賞賛することから始めます 写真 市庁舎公園での毎年恒例の展覧会。 リラックス 木によってフィルタリングされた光と 花の香り。 公園で続けて、私は発見します 城跡 村のオーディオツアーを開始します。 この消えた建物の物語、その古い石は市庁舎、公園、 野生のインコ、すべて緑、交差する可能性が高いこと。 他の場所から鳥が聞こえます リラックス !

それから、 時間が止まっているように見える教会…しかし、中に入って新鮮さを楽しむ前に CALME、私は聞きます ハチミツバチ Roissyに「果樹園の蜂蜜」を提供するこれらの労働者を私に指摘します。 私はそれらを観察します。 何世紀も前の建物を出た後、私は主要な大通りであるチャールズ・ド・ゴール通りを歩きます。 オーディオガイドは、興味のあるいくつかのポイントの前で再び長居するように私を招待します。 この通りの古い建物とレストランの間には、食べ物のいい匂いがします。 幸せな会話 ; 通路の人々が地元の人に会う場所、それは 村が生き返る.

私は始めています 想像します 過去、 ポストビルの学校市場遊園地 14月XNUMX日の週のボール…ここで私はすでにこれらすべての活動が行われたPlacedu Pays deFranceにいます。 機能は少し変わっていますが、今でも村の中心です。 ペタンクボールがぶつかる音が聞こえたコンコルド広場に向かって歩いていると、古い農場の門に気づきます…そこで、飛行機が誇らしげに私の上を通過します。飛んでいる可能性があります。遠くの国、夢の目的地へ。 私たちは常に隣にいるのは事実です XNUMX番目のヨーロッパの空港、世界でXNUMX番目。 ほぼ歓迎 70万人の乗客 年間、またはフランスの人口に相当する!

Un 新世界 1974年の開業時に空港周辺に建設されました。今日では18軒以上のホテルがある古い村の環境を一変させました。 グランドロワシーツーリストオフィスに来たとき、私は訪問の開始時にそれらに気づきました。 その上、私はそれについて考える、彼ら レンタルバイク、多分私はそれを利用します。 好き 自由感 彼らが私に、スピード、私の肌の空気を与えてくれること…しかし、最初に、私は最後に見るべき小さな通りがあり、非常によく保存されています。 石畳の床とシャロット通りの家の古いファサードの間を歩いていると、私は自分の想像力に再び没頭するのに問題はありません...
ここで私はロワシー・アン・フランスの古い村に戻りました。